クレアチニン値とeGFR値の測定クレアチニン値とeGFR値の測定

もしあなたが毎日高いクレアチニン値のことでお悩みなら、その元となっている原因と対策法を把握することからチャレンジすべきです。それをキッチリと実行すれば、高いクレアチニン値が元凶となっている苦労を減少させることも適うでしょう。
TOP PAGETOP PAGE > >> 肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質
肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質

肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質

肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く入っているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。

例えば、小さなケーキひとつには卵1個程のたんぱく質が内包されています。



人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。


糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質は分解されると7〜8割は窒素を含んだ老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、慢性腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。
かなりの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせることが出来る場合もあります。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。



食事療法は、患者自身が自ら積極的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。



食事を元にして得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。正常な腎機能であるために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。
とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、全く摂らない訳にはいけません。腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。

腎臓の機能が落ちていく程、より厳しく食事を調整する必要が出てきます。
更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー病理制限が加わります。自己の判断で適当に献立を決めずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。
クレアチニンは筋肉中に存在している物質から作り出される老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿と合わせて体外へ排出されます。
クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。
故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。

筋肉の量が減れば、クレアチニンの量も減少します。
この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が飛躍するので、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。

腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。

加えて尿となり放出されるはずの老廃物となり排泄する際、腎臓に負担がかかります。
なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で言えば30〜40gに相当します。
慢性腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、なるべく慢性腎臓病を悪化させない事と、体調を良好に保つことにあります。腎臓透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法次第で腎不全の進行をスローペースにし、腎臓透析を始める時期を遅くしていけます。

また、腎臓透析導入後も、体調を保ちながら安定して腎臓透析を続けていくために、食事療法は必要不可欠です。

カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、個々の食品や調理を行う際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。


腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物は尿として排泄されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物まで、体内に居座りつづけるようになります。
こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。

ですから適正な食事療法を行い、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値体内へと送り続ける必要があるのです。
浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分のみでなく水分の調整も求められます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。


浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば制限が必要になるのは塩分のみです。



病理制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量を元に医師が決定します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。

関連記事




Copyright (C) 2014 クレアチニン値とeGFR値の測定 All Rights Reserved.