クレアチニン値とeGFR値の測定クレアチニン値とeGFR値の測定

もしあなたが毎日高いクレアチニン値のことでお悩みなら、その元となっている原因と対策法を把握することからチャレンジすべきです。それをキッチリと実行すれば、高いクレアチニン値が元凶となっている苦労を減少させることも適うでしょう。
TOP PAGETOP PAGE > >> クレアチニンは筋肉中に存在している物質から
クレアチニンは筋肉中に存在して

クレアチニンは筋肉中に存在して

クレアチニンは筋肉中に存在している物質から作り出される老廃物に至るまで、体内で増加し始めます。
こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。
なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量摂り続ける必要があります。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。
甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。

お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げますと、ホットケーキ1枚当たりには卵1個と同量くらいのたんぱく質が含有されています。


カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。

茹でる事で除外できるカリウムの量は、食品の分類や調理を実行する際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。



小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きちんと搾る事で効果は高まります。



慢性腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が悪化すれば、今よりも力を入れて食事を管理しないとならない状況に陥ります。

更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー病理制限も追加されるのです。


独断で食事プランを立てずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。


慢性腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、なるべく慢性腎臓病を悪化させない事と、健康状態の維持になります。


腎臓透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、結果的に腎臓透析を開始する時期を遅くできます。

また、透析導入後も、体調を保ちながら安定して腎臓透析を続けていくために、食事療法は大きな意味を持ちます。



体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7〜8割は窒素を有した老廃物(毒素)がたまりません。


老廃物で、腎臓でろ過されたあと尿と一緒に体外へ出されます。

クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。
筋肉量が落ちてくると、クレアチニンの量も減少します。
この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が増加するので、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分と水分の病理制限を設ける必要性が出てきます。こうした際の病理制限は、飲料水に限らず、食品中における全水分が相当します。

浮腫がなかったり軽い場合は病理制限を設ける項目は塩分だけになります。病理制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量により医師が判断します。

脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。



徹底した食事療法を手掛ければ慢性腎臓病に罹っていても、からだの中に老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。非常にうまくいくと、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせることが出来る場合もあります。食事療法の難しさはけっして病理制限の内容ではありません。

食事療法と言うのは、患者が自主的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。
慢性腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て血流が悪くなり、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。
加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。
たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物となるため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。



それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。
健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で言えば30〜40gに相当します。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物が増えてしまい、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。
とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。


関連記事




Copyright (C) 2014 クレアチニン値とeGFR値の測定 All Rights Reserved.