クレアチニン値とeGFR値の測定クレアチニン値とeGFR値の測定

もしあなたが毎日高いクレアチニン値のことでお悩みなら、その元となっている原因と対策法を把握することからチャレンジすべきです。それをキッチリと実行すれば、高いクレアチニン値が元凶となっている苦労を減少させることも適うでしょう。
TOP PAGETOP PAGE > >> 食事で摂取したたんぱく質は体内で代謝
食事で摂取したたんぱく質は体内で代謝

食事で摂取したたんぱく質は体内で代謝

食事で摂取したたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、慢性腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。

そうとう上手くいった場合、慢性腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせることが出来る場合もあります。


食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。

クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物は尿として体外に追い出されます。

たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物(毒素)がたまりません。



老廃物となり排泄する際、腎臓に負荷が及びます。

なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。
体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で現すと30〜40g程になります。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものには意外にたんぱく質が多く含まれています。
お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。



例を挙げれば、小さなケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が含まれます。
カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。

茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。
ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。
小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。腎臓病の食事療法がうまくいくと、からだの中に老廃物となり血液中にたまります。

血液は腎臓中で分解されて、不要な老廃物であり、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ排出されます。

クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。

なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。
また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が増加するので、本来の値よりクレアチニン量が低下します。



腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。

腎臓機能が落ち込む程に、今以上に考えて食事を管理しないとならない状況に陥ります。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー病理制限が加わります。

個人の見解で判断するのではなく、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。



腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので正常な血流が行われず、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物が増えるので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。


腎機能を保つためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適量は摂り入れるようにしましょう。
腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、なるべく慢性腎臓病を悪化させない事と、現在の健康状態のキープです。透析が必要無い保存期の間は、食事療法によって腎不全への進行を遅らせることができ、腎臓透析を要する時期を極力遅くできます。加えて、腎臓透析を始めても、できるだけ健康な状態で腎臓透析を行っていく上で、食事療法は必須なのです。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。

こうした際の病理制限は、飲料水に限らず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫自体が無い又は軽度の場合は病理制限が必要になるのは塩分のみです。


水分量の病理制限については病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なのできちんと医師の診察の元病理制限を施すようにしましょう。

人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。
糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7〜8割は窒素を含んだ老廃物に至るまで、体内に加算されていきます。

結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。
なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内に供給し続ける事が求められます。


関連記事




Copyright (C) 2014 クレアチニン値とeGFR値の測定 All Rights Reserved.