クレアチニン値とeGFR値の測定クレアチニン値とeGFR値の測定

もしあなたが毎日高いクレアチニン値のことでお悩みなら、その元となっている原因と対策法を把握することからチャレンジすべきです。それをキッチリと実行すれば、高いクレアチニン値が元凶となっている苦労を減少させることも適うでしょう。
TOP PAGETOP PAGE > >> カリウムは水に浸透しやすい
カリウムは水に浸透しやすい

カリウムは水に浸透しやすい

カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食材の品目や調理時の形状・水量・所要時間により相違します。

ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。
小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。



食事を元にして得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物であって、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ除去される成分です。
クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。
なので、通常男性の方が高めの数値になっています。
筋肉の量が減れば、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。

加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの度量が多くなるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。

腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内で増加し始めます。

こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。

そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を体内に供給し続ける事が求められます。
体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。



糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、慢性腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。

かなりの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられたりするのです。



食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。

食事療法に関しては、患者が自ら自発的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。
腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、慢性腎臓病の悪化を食い止める事と、健康状態の維持になります。腎臓透析導入前の保存期の方であれば、食事療法次第で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析導入を遅らせることができます。

更に言えば、腎臓透析開始後も、体調を保ちながら安定して腎臓透析を続けていくために、食事療法は必須なのです。
クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物に変わり血液中に残留します。
血液は腎臓に流れて分離された末、不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を正常に保つために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。
しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、不足しないように補給する必要があります。


慢性腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。

老廃物は尿として体外に追い出されます。

たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担がかかります。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で現すと30〜40g程になります。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く入っているのです。
お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。


例えるなら、小さなケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質が内包されています。


慢性腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質を抑えられる制限食品が販売されています。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。


腎臓機能が下がっていくに従い、より厳しく食事を調整する必要が出てきます。
また、糖尿病の患者さんは血糖値管理のため、エネルギー病理制限も求められます。


自分で勝手に食事内容を決めずに、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分だけでなく水分の病理制限も重要となります。

この際の病理制限の定義としては、飲み水の他、食品中に含まれる全ての水分が該当します。

浮腫がなかったり軽い場合は病理制限が必要になるのは塩分のみです。水分量の制限については病状や尿量により医師が判断します。



脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自分勝手な病理制限はしてはいけません。


関連記事




Copyright (C) 2014 クレアチニン値とeGFR値の測定 All Rights Reserved.