クレアチニン値とeGFR値の測定クレアチニン値とeGFR値の測定

もしあなたが毎日高いクレアチニン値のことでお悩みなら、その元となっている原因と対策法を把握することからチャレンジすべきです。それをキッチリと実行すれば、高いクレアチニン値が元凶となっている苦労を減少させることも適うでしょう。
TOP PAGETOP PAGE > >> クレアチニンと言うのは筋肉内の老廃物
クレアチニンと言うのは筋肉内の老廃物

クレアチニンと言うのは筋肉内の老廃物

クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物まで、体内に居座りつづけるようになります。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を体内に供給し続ける事が求められます。

腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、慢性腎臓病の悪化を食い止める事と、体調を良好に保つことにあります。腎臓透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法を元に腎不全が進行しないようにできますし、結果として腎臓透析の導入時期を遅らせられます。また、透析導入後も、体調を保ちながら安定して腎臓透析を続けていくために、食事療法は大きな意味を持ちます。
カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、個々の食品や調理を行う際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。


慢性腎臓病に悩まされる方に向けて、たんぱく質を抑えられる制限食品が販売されています。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が悪化すれば、今よりも力を入れて食事を徹底しないとなりません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も求められます。自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘い食べ物の場合でも意外な事に多くのたんぱく質が入っていたりします。

お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例を挙げますと、ホットケーキ1枚当たりには卵1個分と同程度のたんぱく質が含有されています。慢性腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に老廃物が増えるので、腎臓への負担が増えてしまいます。

腎機能を保つためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。
けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、全く摂らない訳にはいけません。


腎臓病では 糸球体がおかされるために本来通り血流が成されずに、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓の内部で分離され、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。


たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。優れた効き目が出た際には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられたりするのです。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。
食事療法と言うのは、患者が自主的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。



人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。



糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に限っては分解されても約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物であり、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ除去される成分です。



クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が減れば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。その他で言うと、妊娠時には、尿と一緒に出されるクレアチニンの量が多くなるために、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。


浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分以外に水分の制限も付随してきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品自体が持つ全ての水分と考えます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の病理制限のみで済みます。病理制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量により医師が判断します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。



日々の食事で得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変移するため、排泄のタイミングで少なからず腎臓に負担が出ます。
それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

関連記事




Copyright (C) 2014 クレアチニン値とeGFR値の測定 All Rights Reserved.