クレアチニン値とeGFR値の測定クレアチニン値とeGFR値の測定

もしあなたが毎日高いクレアチニン値のことでお悩みなら、その元となっている原因と対策法を把握することからチャレンジすべきです。それをキッチリと実行すれば、高いクレアチニン値が元凶となっている苦労を減少させることも適うでしょう。
TOP PAGETOP PAGE > >> 浮腫が際立っていたり尿量が明らかに
浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない時

浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない時

浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。
制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中における全水分が相当します。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の病理制限のみで済みます。水分量の制限については病状や尿量から医師が特定します。
脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるので独断で制限を行う事は危険です。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。

甘い味付けの食べ物には思ったより多くのたんぱく質が入っていたりします。

お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例えるなら、小さなケーキ1個には卵1個と同量くらいのたんぱく質が内包されています。


カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。
茹でる事で除外できるカリウムの量は、食品の分類や調理を実行する際の水量・形状・処理時間次第で変動します。


数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。
体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。
糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7〜8割は窒素を含んだ老廃物が増えてしまい、腎臓にもたらす負担が増加します。
腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。



しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適量は摂り入れるようにしましょう。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、良好な体調の存続です。腎臓透析が必要無い保存期の間は、食事療法を試みる事で腎不全への進行を遅らせることができ、結果的に腎臓透析を開始する時期を遅くできます。また、腎臓透析導入後も、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は必要不可欠です。

クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物となり排泄する際、腎臓に負荷が及びます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。

体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日換算で約30g〜40gです。


慢性腎臓病の人のためにたんぱく質の少な目な制限食品が売られています。
こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事病理制限が行いやすくなります。

腎臓機能が落ち込む程に、現状以上に細かに食事を徹底しないとなりません。
また、糖尿病の患者さんは血糖値管理のため、エネルギー病理制限も求められます。


独断で食事プランを立てずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。



食事によって獲得したたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物共々、尿中に排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。


ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。

筋肉が衰えてくると、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が増加するので、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。

慢性腎臓病でも食事療法が適切であれば、からだの中に老廃物になり、腎臓でろ過されたあと他の老廃物は尿となって体外に排出されます。



たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が形成され血液中に残ります。

血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、要らない老廃物(毒素)がたまりません。

老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。そうとう上手くいった場合、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせることが出来る場合もあります。



食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。

食事療法と言うのは、患者が自主的に実行できる一番の治療行為です。

慢性腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので血液の濾過作用がうまくおこなわれず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内で増加し始めます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。
そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を常にキープする事が入り用なのです。

関連記事




Copyright (C) 2014 クレアチニン値とeGFR値の測定 All Rights Reserved.