腎臓病によるクレアチニンの低下は食事で改善腎臓病によるクレアチニンの低下は食事で改善

もしあなたが毎日高いクレアチニン値のことでお悩みなら、その元となっている原因と対策法を把握することからチャレンジすべきです。それをキッチリと実行すれば、高いクレアチニン値が元凶となっている苦労を減少させることも適うでしょう。
TOP PAGETOP PAGE > >> たんぱく質の過剰摂取に気をつけよう
たんぱく質の過剰摂取に気をつけよう

たんぱく質の過剰摂取に気をつけよう

浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。この場合 飲み水だけではなく、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら塩分制限だけになります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自分勝手な制限はしてはいけません。人体に必要な3大栄養素に糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)・たんぱく質・脂質があるんです。体内で燃焼し尽くせば糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担がかかります。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があるんです。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり1日0.6gが必要とされ、一日分で現すと30〜40g程になります。水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類を具材として使うのだったら、小さめに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、使用する食品の種類や調理の際の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまうのですし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い味付けの食べ物には思ったより多くのたんぱく質が入っていたりします。おやつは小豆や牛乳・卵を活用して造られているので、エネルギー補給が目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個と同量くらいのたんぱく質が入っています。腎臓病でも食事療法が適切であれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病が進行しなくなっ立と言ってもいい程遅らせる事が可能なのです。食事療法は難しいと思いがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者自身が自ら積極的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷をうけるので普段通りに血液が通わなくなり、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまうのです。加えて尿と伴に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に加算されていきます。このような状況になったら、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の誘因になったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を体内へと送りつづける必要があるのです。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。なので、通常男性の方が高めの数値になっているんです。筋肉量が少なくなれば、当然クレアチニンの数値も下がります。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が飛躍するので、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。食事によって獲得し立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓中で分解されて、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓にもたらす負担が増加します。正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があるんです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、一定値は摂取しないといけません。腎臓病における食事療法の意味合いは、なるべく腎臓病を悪化させない事と、現在の健康状態のキープです。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を基に腎不全の進行をスローペースにし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。この他、透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は必須なのです。腎臓病を患う方にお奨めしたい、低たんぱくの特殊食品があるんです。このような商品を的確に用いる事がムリのない食事管理に繋がります。腎臓機能が悪化すれば、今よりも力を入れて食事を制限しないといけません。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限も追加されるのです。自分で勝手に食事内容を決めずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。

関連記事




Copyright (C) 2014 腎臓病によるクレアチニンの低下は食事で改善 All Rights Reserved.